2009年01月10日

100年近く前のドクターバッグ

新しい年 第一弾は・・・

歴史を刻んだドクターバックの修理です。

IMG_0143.jpg

IMG_0145.jpg

1)100年近く前のドクターバッグだそうです。どうにかなりません・・・・・?
 
革は、確かにいいクロコダイルだけれど、革自体が言いにくいけどもう既に劣化していてパリパリの状態ですので

う・・・・ん何とかしてあげたい・・そう考えたとき、ふと口金に目が止まりました。

とても今はないアンティークな金具だったのです。

よしッこれを使ってもとの形を復元しましょう。


IMG_0148.jpg

早速型紙作り

IMG_0159.jpg

革の裁断〜革漉き

IMG_0160.jpg

縫製〜組み立て


IMG_0165.jpg

3)持ち手も長めにして完成です。約3日間を要しました。


IMG_0166.jpg

お客様もすごく感激されて、なんだかこちらの方も「物作りしていて良かったなぁ」そう思えたひと時でした.こういう事が叉、次の励みになるんですよねぇ。


            玄人  中野 秀貞
posted by 玄人店主 at 12:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | ビフォー アフター
この記事へのコメント
依頼人さんが羨ましいです。私は自分で何とかしようと、リベットが無いので、代わりのネジを30個作った所で、マイナスネジでは面白くないと成り、考え込んでいる間に打ち破れしまいました。やはり口金に惚れ込んでの事です。牛ヌメ革袋縫いで作りたいのですが、道はゴールに続いているとは限りませんから、、、、。しかしいつかゴールに!
Posted by D4 at 2015年03月05日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
u94a

この記事へのTrackBack URL
http://kurouto.area9.jp/tb.html/0048190